初めての方へ お買い物の前に
発送について うぇるかむぼ〜ど
キャラメル横丁 -> 突撃メーカーさんPart1<第10回>松山製菓

突撃メーカーさん(Part1)


第10回
松山製菓(株)  名古屋市中村区大秋町1-101


 今回は、「スカットコーラ」、「ネオフルーツC」、「パンチコーラSP」、またスナック菓子の「テキサスコーン」などを製造している松山製菓をお訪ねしました。
 松山製菓は、昭和25年に創業、キャラメル、餅飴からスタートし、現在では粉末ジュース、清涼菓子、スナック菓子などを手がけ、輸入菓子なども扱っているメーカーです。
 伊原専務、羽田営業部長、そして藤原工場長にお話を伺いました。
主な商品:スカットコーラ(左上)、ネオフルーツC、パンチコーラSP(左下)、テキサスコーン(右)、粉末ジュースシリーズ

●松山製菓の歴史

キャラメル記者
(以降キャラ):「松山製菓さんのあゆみを教えてください」
伊原専務:「当社は、昭和25年1月1日に松山製菓所として飴菓子の製造を個人経営で始めました。その後、同じ年の12月に株式会社を創立し、キャラメルの製造をスタート、昭和27年には餅飴の製造も始めました。さらに昭和36年には現在も扱っている粉末ジュースの製造を開始、昭和38年には「パンチコーラ」などの発泡清涼飲料を製造開始しています。また昭和58年には岐阜県関市に第2工場を建設し、そちらでは主に「テキサスコーン」などのスナック菓子を生産しています」
キャラ:「粉末ジュースは、一時生産を中止していたとか」
藤原工場長:「粉末ジュースの最盛期は昭和34年から42年まででした。当時の3大メーカーといえば、「ジュースの素」、「おしるこの素」のワタナベ製菓と「シトロンソーダ」の春日井製菓、「ソーダラップ」の日本フードでしたね。ところが、昭和44年の秋ごろ、人工甘味料のチクロが使用禁止になったことにより、一挙に粉末飲料は無くなってしまったんです。当社でも製造を中止していましたが、昭和51年、新たな甘味料サッカリンNaが使用解禁になって復活しました」
羽田部長:「そういえば、あんこを仕入れたことがあったですね。「あんこ玉」のようなものも造ったことがあるかもしれません」
キャラ:「東京の方では「あんこ玉」が人気なんですが、生製品なので、名古屋に仕入れることができないんですよ」
羽田:「生製品ではなかったかな」
伊原専務:「実は5年ほど前にテレビ東京の企画でワタナベ製菓の「おしるこの素」を再現したことがあるんですよ。もちろん当時のメーカーがないので、ジュースの製造工程を持っている当社にお話がありました。当時の製品そのままに復刻製造することはできたのですが、番組放送時ちょうどサリン事件がおこって特番になってしまい、オクラ入りになったんです。パッケージも同じものを作って、おもちの素も入れて、そして番組の最後には海老名香葉子さん(故林家三平の奥さん)が墓前に供えるという演出だったんですが(注:林家三平は当時のCMに出演してました)」
キャラ:「評判が高まれば松山製菓版「おしるこの素」もできますね」

●ネオフルーツCの作り方

藤原工場長
:「ウチの主力商品の錠菓の製造工程をお見せしましょう」
キャラ:「松山製菓さんの商品の中でも、「ネオフルーツC」が一番謎なのですが、ひとつの包みの中に4種類の味が並んでいますよね。あれは手作業なんですか?」
藤原工場長:「いえ、当社オリジナルの折畳み包装機がありまして、4種類の箱に別々の味の錠菓を入れておくと、溝に沿ってきれいに並ぶんです。バラの錠菓から並べて個包装して30個単位でパックしてラベルを貼るまでが自動工程ですよ。「ネオフルーツC」の場合は、イチゴが4個、パインが5個、オレンジが5個、青リンゴが4個です。だいたい1分間に70個生産できます」

ネオフルーツC
1.ブドウ糖顆粒、粉末香料、滑沢剤の混合 2.丸い穴にプレスする打錠機。水分調整で固形になる
3.できあがったばかりのオレンジ錠菓 4.折畳み包装機の全景
5.ネオフルーツCのできあがり


●パンチコーラは舐めないで

キャラ
:「「パンチコーラ」を懐かしがる人は多いんですよ」
藤原工場長:「「パンチコーラ」などの発泡錠菓と呼ぶ商品の原形は明治時代から「沸騰散」という名前であったようですね。「パンチコーラ」は、一袋に錠菓が2個入っていて、180mlの冷水に溶かすと即席コーラになります。ただ、子供たちはコップと水を用意するのがめんどくさかったのか、舐めているようです」
キャラ:「僕も舐めるものだと思っていました。口の中が泡だらけになって、ちょっとあせりますよね」
藤原工場長:「メーカーとしては水に溶かして飲むことをおすすめしています。だから味や酸は濃縮されているんですよ。まあ、ウチの新入社員に聞いてみても、受験勉強の眠たいときに舐めると目が覚めるなんて話を聞きましたが…(笑)」
羽田部長:「関東では「ガス玉」なんて呼ばれていて、コーラ瓶の中に入れるといっきに吹き上がるので、シャンパン替りに遊んでいたみたいです」
キャラ:「それもメーカーがおすすめできない利用法ですね(笑)。ところで「パンチコーラSP」のSP(スペシャル)って何ですか?」
藤原工場長:「以前は19mmの大きさで2個入り10円だったんですが、物価上昇と消費者ニーズにより、平成3年3月に1個のサイズを22mmと大きくして、2個入り20円になったんです。だから昔の「パンチコーラ」を知ってる人は、今の商品を見ると、大きさの違いがわかるんじゃないでしょうか。パンチコーラの難しさは、酸と重曹を原料にしていますので吸湿しやすいところです。パックするまでの工程では室内の温度を下げて乾燥させて作っています。だから冬場でも寒い現場なので苦労しますね」
伊原専務:「パンチコーラの酸と重曹のバランスや固さにもちょうどいい溶けやすさにする当社独自のノウハウがあります」
藤原工場長:「当時、ワタナベ製菓もウチの後から発泡錠菓を作ろうとしたことがありました。東南アジアに輸出したらしいんですが、酸と重曹の加減がうまくいかなくて全部不良品になっちゃったそうです。それも原因のひとつで、もちろんチクロ使用禁止の問題が一番大きいでしょうけど、ワタナベ製菓はつぶれちゃったんですね」

ジューセットの製造風景 ジューセット

●駄菓子の未来

キャラ
:「松山製菓さんは、早い時期から海外輸出をされているということですが…」
伊原専務:「本格的に輸出向け商品を製造しはじめたのは昭和38年頃からで、当時は輸出が主力でした。1ドルが360円の時代です。昭和45年と46年には輸出貢献企業として通 産大臣から表彰を受けました。また平成5年にはインドネシアでキャンデーの委託生 産も始めています」
藤原工場長:「現在、主な輸出先は香港、シンガポール、インドネシアなどです。また桃、サイダー、コーラのハードキャンデーは、平成6年に始めたインドネシアからの輸入商品です。ボリュームがあって評判がいいんですよ」
伊原専務:「当社の商品は、コーンスナックの原料には、フランス産のトウモロコシをオランダで加工したものを使用して、遺伝子組み換えコーンを使わないなど、原料の吟味に力を注いでいます。また駄菓子メーカーはいつの世でも子供のほうを向いていないといけないと思っています。安全な原材料を使って、子供たちの喜ぶものを今後も作っ ていきます。
 当社はホームページを作っていますので、そちらもぜひご覧ください。http://www.mycf.com/

 駄菓子屋の店先で舐めていた粉末ジュース。なぜか僕は水に溶かした記憶がありません。取材で工場の中を見学させていただくと、いつも感じるのはまず匂い。松山製菓さんも甘くてすっぱい香りが濃厚に立ち込めていました。それはまさに粉末ジュースの匂い。見たり食べたりするだけじゃなく、駄菓子は匂いでも懐かしさを感じさせてくれます。

(取材日 2000.5.25)


▲このページのトップへ キャラメル横丁 -> 突撃メーカーさんPart1<第10回>松山製菓


キャラメル横丁
株式会社マルホ/代表取締役 堀田久富
〒451-0066 名古屋市西区児玉三丁目7-21
shop@carayoko.com
http://www.carayoko.com/
TEL:052-523-1161/FAX:052-532-0448